女性のバストはいずれ小さくなります。これは女性である限り仕方のないことです。バストが小さくなる理由を調べてみました。

「あなたのバストが小さくなる理由がわかります。」
するといろいろとわかってきました。

最近バストが小さくなったと気づく女性

バストが小さくなる理由

睡眠不足

夜更かしとかすると女性の体内で女性ホルモンの分泌が乱れます。それで寝不足になると女性ホルモンの中でエストロゲンの分泌が少なくなるのです。

エストロゲンの分泌が少なくなると当然バストの大きさにも影響してきます。

今までこんな睡眠のことなんか全く気にしていなかった方が多いと思います。女性ホルモンの分泌時間というのがあります。

最高の女性ホルモンの分泌時間は何とゴールデンタイムです。つまり夜の10時から午前2時です。この時間帯に寝るようにするとエストロゲンもかなり分泌されるのです。

ダイエット

ダイエットを短期間で過激にすることだけはやめましょう。その理由は栄養バランスが悪くなるからです。

その結果としてホルモンバランスが悪くなります。

ダイエットしたい気持ちはわかりますが、過激すぎるダイエットはやめるべきです。ホルモンバランスが完全に崩れるとなんのためにダイエットしてきたかわかりません。

ダイエットしすぎると胸の脂肪も落ちますから結果的に胸、バストの大きさにも影響が出ます。

サイズが合わない下着を着ける

ブラジャーを着けるときはサイズがぴったしの大きさを選ぶことです。サイズが違うとバストに流れる血液の流れが悪くなるのです。

血液の流れがいいと栄養もいきわたりますが、血流が悪いと胸に栄養がいかなくなるのです。ですからサイズの合うブラを着けるようにしましょう。

カフェイン

どうしてカフェインを摂取しすぎるとよくないのか、わかりますか。それはカフェインには自律神経を乱す働きがあるからです。

つまりカフェインを摂りすぎるとホルモンのバランスが崩れてしまいます。

断食

無理して食事制限すると必要な栄養素が不足しますので注意が必要です。断食がいいとは言われますが、無理して断食をする必要はないです。

まとめ

これらの胸が小さくなる原因はこの他にもありますが、できるだけホルモンバランスが崩れることがないような生活をすることです。

あなたの胸は結局、人間のする行動に左右されます。食事もそうですからね。